男性

破損部分だけの交換

修理はアイフォン専門店がおすすめです

女性

ケータイの従来の形態である「ガラケー」からスマートフォンに時代は移り変わりました。そして、そのなかでもIOSを搭載したアイフォンはandroid搭載スマホよりも基本性能が高いといわれています。コンパクトかつ高性能で、生活のどのような場面でも利用できるという一方、それに対応するかのごとく壊れてしまうシチュエーションも多くなりました。特に、アイフォンの故障の原因は「落下」が主な要素であり、さらに破損個所の大半がガラススクリーンのようです。こうした故障の問題に対応するべく、メーカーは各状況に応じた修理サービスを展開していますが、メーカー修理は下手をすると本体の購入価格の半分近くから丸々一台分の修理費用がかかることがデメリットとして知られています。この費用面で、アイフォン修理専門店では10000円前後で完全な修理ができるのでお得であるとされているのです。

一部だけを直すことでよりお得にできます

前述に加え、さらに修理費用をお得にするための工夫としては「破損個所だけをピンポイントで修理してもらうこと」が挙げられます。アイフォンのメーカー修理では、修理後手元に届く交換機は場合によっては新品のものと取り換えられることがあります。もちろん、交換されるパーツの割合に応じてその費用が変わるわけですから、新品と取り換えられたときの費用はかなり高くなってしまうことが予想できます。アイフォン専門の修理店では、アイフォンに使われる各パーツが部分的にそろっているので、わざわざすべてを取り換えなくとも、破損個所のみを交換してくれます。それにかかる費用はそのパーツのみの費用となるので、メーカーで交換してもらうよりも大きく費用を削減できるメリットがあります。